メニュー
製品
  1. ポスト・イット® ブランドについて

ポスト・イット® ブランドについて

ポスト・イット® ブランドについて

ポスト・イット® ブランドについて

  • 40年以上の間、ポスト・イット® ブランドは、人々がより多くの成果を生み出し、コミュニケーションをより円滑にし、そして、さまざまな創造性に富んだ方法で自己表現できるようにサポートしてきました。 [1]今では世界中で日常的に使用されているポスト・イット® 製品ですが、その始まりは全く確信できないものでした。振り返ってみると、今では誰もが当たり前に使っているポスト・イット® 製品の誕生は、「アイデアを現実するために、あきらめずに努力することはインスピレーションと同様に重要である」という、貴重な教訓を私たちに思い出させます。

  • 発見から...

    3Mの科学者であるスペンサー・シルバーは、研究所で忙しく接着剤の研究をしていました。 ​ 研究の過程で、彼は奇妙なものを発見しました。表面に軽くくっつくものの、しっかりとは接着しない接着剤です。「新しい接着剤を開発することは、研究者としての私の任務の一部でした。

​その当時、私たちは、より優れて強い、丈夫な接着剤を開発しようとしていました。」とシルバーは語りました。「しかし、これは目指していたものとはまったく異なる性質のものでした。」

  • シルバーが発見したものは、マイクロスフィアと呼ばれる接着剤で、粘性は保持するものの、「はがすことが可能な性質」も持ち合わせていたため、貼り付けられた表面から簡単にはがすことができました。

  • 信条を説く

    何年もの間、シルバーは自分の発明した接着剤の用途を見つけるのに苦労しました。一方で彼は、あらゆる部門の人たちに自分が発見した接着剤を紹介し、使いみちがないか、新しい用途開発ができないかとよく話していました。

    「あきらめずに社内を歩きまわっていたことから、Mr. Persistent(粘り強い人)として知られるようになりました。」

    ちょうどその頃、3Mのもう1人の科学者、アート・フライは苛立っていました。教会の聖歌隊のメンバーであったフライは、小さな紙切れをしおりとして、次の礼拝で歌う讃美歌のページに挟んでいました。ある日曜日、いつものように讃美歌集のページをめくったところ、目印に挟んでいたしおりがひらりと滑り落ちてしまいました。またか...と思った瞬間、フライの頭の中にひらめくものがありました。ページを破ることなく紙にくっつくしおりがあればいいことを思いつきました。

  • ...発見!

    「そうだ。これに、あの接着剤を使えばいいんだ!」5年前にシルバーが作り出した奇妙な接着剤の用途がこの時初めて具体的なイメージとなったのです。「それはまさに興奮状態でした。」

    シルバーと連携して、2人は製品開発を始めました。その過程で、フライはさらに重大なことに気が付きました。「製品自体が貼ったりはがしたりできる機能を備えたまったく新しいメモ・ノートとして、社内でのコミュニケーションツールとして使えるのではないか。」

私たちの開発は単なるしおりに留まらないことに気付きました。」とフライは語ります。「これはまったく新しいコミュニケーション方法です。」

  • 試してみてください。きっと気に入るでしょう。

    フライは、3Mの本社を性能試験の場とすることにしました。

全社に新しく発明された粘着ノートを配布したころ、社員は皆この新しいツールを気に入りました。

  • 1977年、ついにアメリカ4大都市での大々的なテスト販売が実施されました。社内での反響を考えれば、きっとすばらしい結果が出るだろうと誰もが期待していました。ところが予想に反して、報告書の内容は厳しいものでした。

  • そこでマーケティング担当者は、製品を消費者の手に直接届けることにしました。大規模な試供品提供の取り組みは、すぐに成功しました。試供品を試した人々の9割が、製品を購入するとの回答でした。

1980年~1986年

  • スター誕生

    この粘着ノートは「ウイルスのように」広がったとフライは言います。「ノート自体(実物)が宣伝効果を発揮していました。人に渡す資料にメモを書いて貼ると、そのメモを受け取った人は必ずこれは何かと好奇心を持ちます。人々は受け取った粘着ノートをはがしたり、貼ったりと試しているうちに、自分用にほしくなり買いに出掛けるのです。」とシルバーは語っています。多くの画期的なイノベーションと同様に、これは、使ってみるまでは誰もその良さを想像できない製品でした。

  • ブランドの象徴「カナリーイエロー」の誕生

    1980年4月6日、シルバーとフライがずっと待ち望んでいた日が到来します。あの粘着ノートがとうとう、「ポスト・イット® ノート」として全米で発売されたのです。

今ではブランドの象徴である「カナリーイエロー」と呼ばれる黄色が選ばれたのは偶然によるものでした — 研究所で使用する紙片を探したところ、手元に黄色い紙しか見つからなかったことがきっかけです。

  • 『フォーチュン』誌掲載の「年間売上げ上位500社」のCEOは、ポスト・イット® ノートをどれほど気に入っているかを述べています。ポスト・イット® ノートは、カナダとヨーロッパでも発売されました。(日本では1981年に発売)

  • 功績を称える

    フライは、Corporate Researcher(コーポレート・リサーチャー)という、会社で最高の技術職の肩書きで称えられました。「私の最高の報いは、多くの人々が私の開発した製品を利用し、喜んでくれているのを見ることです」と彼は語ります。その後、「ポスト・イット® ふせん」が、色分け、ファイル整理、および見出し付けの新しい方法として発売されました。

1987年~1996年

継続する人気

ポスト・イット® ノートが10周年を迎えたころ、この10年間で発売された最も優れた消費者製品として多く名前があげられました。

  • ポスト・イット® イーゼルパッドが発売。それ以来、ブレインストーミングの方法が大きく変わりました。28年間勤務した後、ポスト・イット® ノートの共同開発者であり、22を超える米国特許を彼の名前で取得したスペンサー・シルバーが3Mを退職しました。シルバーとフライは共に、研究者として最高の名誉を得るとともに、国際的なエンジニアリング部門の賞を多数獲得して、3Mでキャリアを終えました。

1997年~2003年

  • ポスト・イット® ブランドがハリウッドへ進出

    映画「ロミーとミッシェルの場合(原題:Romy and Michele’s High School Reunion」は、卒業から10年目の高校の同窓会に、主人公のロミーとミシェルが、「ポスト・イット® ノート」の考案者は自分たちだと嘘のサクセス・ストーリーをでっちあげて出席することから巻き起こる騒動を軸に、現代女性のライフスタイルと友情を描いたコメディ。「考案者は3Mのアート・フライという人物よ」と種明かしがされることで話題に。

ある職場の研究によると、現在、平均的な社員は、ポスト・イット® ノートに書かれたメッセージを11枚ほど毎日受け取っているそうです。

  • ポスト・イット® ノートは、100を超える国々で販売されています。今では有名となったポスト・イット® 製品に使われている粘着剤は、多くの3M製品でも活用されます。

  • 強粘着製品の登場

    ポスト・イット® 強粘着ノートが発売されました。この製品は粘着力が約2倍(当社通常粘着製品比)なので、パソコンなどの樹脂面や壁などの垂直面にもしっかり貼れて、きれいにはがすことができます。 ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」のあるエピソードで、主人公のキャリーと彼が別れるシーンで、ポスト・イット® ノートが使われたことは有名です。 

2004年~現在

  • いつでもどこでもそばに

    ポスト・イット® ノートが25周年を迎えたころ、 ドラマ「グレイズ・アナトミー」で主人公のメレディス・グレイとデレク・シェパードが結婚の誓いをポスト・イット® ノートに書いたエピソードが話題になりました。 2013年 ポスト・イット® ノート 全面強粘着タイプが発売されました。ポスト・イット® ノートを外出中に使いたい場合には、手帳やラップトップにパッドごと貼って持ち運ぶことができます。ポスト・イット® ノートを携帯しておけば、いつでもどこでも使えます。

  • 世界中で愛用されるポスト・イット® 製品

    ポスト・イット® 製品は現在、150を超える国々で販売されています 全体で4,000を超えるポスト・イット® 製品があります。ポスト・イット® 製品が映画、モザイク・アート、および何百万人もの人々の生活の中で使用されているのを見たら、スペンサー・シルバーは驚くことでしょう。「これらの製品としての拡大は、私が期待していた以上のものでした。」

  • 3M、Post-it、ポスト・イットは3M社の商標です。

お問い合わせ カスタマーコールセンター: 0120-510-333 カスタマーコールセンター: 0120-510-333
Follow ポスト・イット® Brand
3M、Post-it、ポスト・イットは、3M社の商標です。